居住費、安い、メリット

住居を選ぶために必要な知識

居住費を比較! ~戸建てvsマンション~

更新日:

家を購入する時、皆さんの悩みのタネとして挙げられるのが「戸建てと分譲マンションはどちらの方が良いのか?」という点。

住居の良し悪しは、実際のところ住んでみなければわかりません。しかし、できる限り失敗のリスクを減らすためには、戸建てとマンションについて事前にしっかり情報を集めて、いろいろな物件を比較することが重要です。

今回このページでは、「戸建て」と「マンション」のメリットとデメリットを比較していきます。戸建てとマンションに住む費用面にも注目して比較をしているので、実際に住むことをイメージしながら読んでみて下さい。

これから戸建てかマンションを買おうとしている方、家探しの第一歩として、どちらのタイプが自分たちに合っているのかを比較しながら考えてみましょう。

 

 

マンションと戸建てはどっちが良い?

マイホームを買う際には、建て売りや注文住宅として売られている戸建てか、マンションの一部屋を購入する分譲マンションという選択肢があります。

この「戸建て」と「分譲マンション」のどちらを買うべきか?という点は、多くの方が悩むポイントでしょう。

立地条件、利便性、購入費用など、人によって家に求める条件は全く違います。そのため、家を買うときには戸建てと分譲マンションの特徴をしっかり比較して、自分たちに合ったものを選ぶ必要があります。

そこで今回は、戸建てとマンションを比較し、それぞれどのような特徴があるのかを考えてみましょう。まずは、購入の際に大きな壁となる戸建てとマンションの費用面の比較から考えてみましょう。

 

マンションと戸建てでは生涯居住費が異なる

一般的に、マンションと戸建ての購入費だけを比較すると、マンションの方が安く買えると言われています。

そのせいもあり、費用面では戸建てよりもマンションの方が良いと思われがちです。しかし、住むことを考えると単純に購入時の価格だけを比較するのは不十分なのです。

というのも、住居には住んでいる間の管理費や修繕費などがかかります。戸建ての場合、屋根や外壁などが消耗するため、定期的に修繕しなければいけません。一方、マンション住まいの場合には、修繕費に加えて駐車場代や管理費もかかるため、毎月の出費が増えます。

このように、戸建てやマンションなどの不動産物件を買うときは、住んでいる間の費用も含めた「生涯居住費」を比較して考えなければいけません。この比較がなければ、家に住み始めてから「思っていたよりお金がかかる」ということになりかねないのです。

そこで、ここでは購入費と管理費・修繕費などを含めた、戸建てとマンションの生涯居住費の相場を比較してみたいと思います。

 

物件ごとの居住費の種類

まずは、戸建てと分譲マンションの生活にかかる費用の種類を比較してみましょう。

 

戸建て

  • ローン返済費用
  • 外壁や屋根の修繕費・清掃費

戸建てにかかる費用は、この2つが代表的です。

家によっては、リフォームやリノベーションのためにリフォーム費もかかるかもしれませんが、どんな家にも必ず発生する費用としてはローンと修繕費・清掃費を考えておけばよいでしょう。

戸建ての場合、外壁や屋根を直すための修繕費や清掃費は、15~20年に1度くらいのペースが目安と言われています。

 

マンション

  • ローン返済費用
  • 修繕積立金
  • マンション管理費
  • 駐車場代

マンションは、戸建てと比較して発生する費用が多い点が大きな特徴です。

たとえば、修繕積立金はマンション全体の修繕のために入居者が毎月積み立てる費用を指します。マンションによって異なりますが、月々1万円~3万円(新築のタワーマンションの場合には、3万円~5万円ほど)相場でしょう。

築年数の経過によって修繕費が増える傾向があるため、マンションの修繕積立金も同様に増していきます。新築でマンションを購入し30年ほど住み続けた場合、修繕積立金は2倍~3倍ほどに増加。これはなかなかの負担ですよね。

また、マンションには管理費も発生します。これは、共有部分やごみステーションの清掃、マンションに設置する防犯カメラの設備点検など、日常的な管理のために必要なものです。

マンションでは、いつでもゴミを出せたり、専有部分以外の清掃の必要がなかったりと、管理面で手間がかからない物件が多いです。しかし、その分管理費の負担が発生するため、戸建てよりも出費が多くなることを覚えておきましょう。

最後に駐車場代ですが、大抵のマンションでは駐車場を利用するために利用料金が別途徴収されます。戸建てでは、敷地内に駐車スペースを確保すれば駐車場代はかかりません。駐車場代も、戸建てと比較して金銭的な差を生むポイントになります。

では、これらの費用を踏まえて、戸建てとマンションでは生涯居住費がどれほど違うのかシミュレーションをしてみましょう。

 

戸建てとマンションの生涯居住費比較

生涯居住費はどちらが安い?

【共通条件】
・物件の購入価格:5,000万円
・ローン返済の金利:1%
・35年間居住(35年ローンで購入費用を返済)

 

戸建の居住費比較

項目 発生 金額
戸建ての住宅ローン返済額 月額¥141,143×35年 ¥59,279,997
屋根修繕費(15年に一回) ¥1,000,000×2回 ¥2,000,000
外壁清掃費(15年に1回) ¥300,000×2回 ¥600,000
給湯器の交換(10年に1回) ¥200,000×3回 ¥600,000
生涯居住費合計
¥62,479,997
※土地も含めた新築の建売住宅を購入した場合

 

新築で建売戸建てを買った場合、家全体の建て替えなどの大規模な修繕は必要ないでしょう。そのかわり、戸建ては自分で定期的にメンテナンスを行う必要があります。これが、修繕費や清掃費にあたります。

戸建てのメンテナンスとしては、屋根のふき替え、外壁の塗り替えや張り替えが主です。家の広さによって異なりますが、目安としては上記の表のような金額になります。

また、給湯器などの熱源機の修繕も、10年に1回ほどのペースで行うことを考え、戸建ての居住費に入れています。もし、この他に家のリフォームや細かな模様替えなどを行えば、戸建ての居住費は増加します。

 

マンションの居住費比較

項目 発生 金額
マンションの住宅ローン返済総額 月額¥141,143×35年 ¥59,279,997
修繕積立費(5年毎に+5000円) 月額¥15,000×35年+値上がり分 ¥12,600,000
マンション管理費 月額¥13,000×35年 ¥5,460,000
駐車場代 月額¥12,000×35年 ¥5,040,000
熱源機の交換費用(10年に1回) ¥200,000×3回 ¥600,000
生涯居住費合計
¥82,979,997

 

戸建てと同じ価格のマンションを買った場合、戸建てと比較すると月々に発生する金額が大きくなります。その理由として、やはりマンション管理費や修繕積立費が挙げられます。

特に特に修繕積立費は、先程も説明したように、マンションによって異なります。一般的な新築マンションの場合には月々1万円~3万円ほど、新築のタワーマンションの場合には3万円~5万円ほどと、金額の幅が大きいです。

今回は、ファミリー向けの一般的なマンションを想定し、修繕積立費を1万5千円スタートとしています。

修繕積立費は、築年数が経つに連れて費用が増加することもあり、負担としては非常に大きなものとなるでしょう。ローンのように支払いの終わりがなく、住んでいる限りは支払い続けなければいけない点も、金銭面ではマイナスポイントです。

このような要因もあり、上記の通り算出したマンションと戸建ての生涯居住費を比較すると、マンションの方が2,000万円以上も高額

購入時の不動産物件価格だけを比較したときには気づかない金額の差が、最終的には予想外の大きさになってしまうのです。

そのため、たとえ格安価格で売られているマンションを購入したとしても、後々の費用を含めると結局戸建てと変わらない値段になってしまうことも十分考えられます。

もちろん、世帯の生活スタイルによっては、戸建てでも高額な費用が発生する可能性は十分あります。しかし、一般的な生活を考えると、マンションよりも戸建ての方が比較的抑えた生涯居住費で住める傾向にあります。

とは言え、安く住めることがあらゆる場合の優先事項ではありません。

利便性をとるか費用をとるか、選び方に関しては、やはり自分が生活に求める条件が最終的な決定要因になります。戸建てとマンションの費用比較は、あくまで参考程度にしてみてください。

 

戸建とマンションのメリット・デメリットを比較

次は、戸建てと分譲マンションの一般的なメリット・デメリットを比べてみましょう。

戸建てと分譲マンションのメリットやデメリットとして挙げられるのは、立地条件や、建物構造の違い、住み始めてからの管理や生活の影響などが主です。

 

メリットの比較

戸建て

  • 間取りが広い、天井が高いなど、スペースにゆとりを持てる。
  • 2階建ての戸建てを建てることも可能なので、狭い土地でも部屋数を多くすることができる。
  • 庭でバーベキューやガーデニングなどの趣味を楽しめる。
  • ペットを飼うことができる。
  • 自由にリフォームを行うことができる。
  • 家の中と外への移動が楽。買い物帰りなども、重い荷物をすぐに玄関に入れられる。
  • 土地が資産として残るため、売却する際に比較的有利。

 

マンション

  • 戸建てと比較して空き巣や強盗が入りにくい。
  • 駅近物件が多く、利便性が高い。
  • 専有部分以外の清掃などをしなくても良い、いつでもゴミを出せるなど、管理が楽。
  • 高層マンションなどの場合、眺めが良い。
  • 建物の修繕などを自分で計画する必要がない。
  • 鉄筋コンクリート造でしっかりした構造のため、戸建てよりも防火性や防寒性、耐震性に優れていることが多い。

 

戸建てでは、分譲マンションと比較すると生活スペースをしっかりと確保できるため、周囲の世帯をそこまで気にする必要がありません。

そのため、比較的精神的なゆとりを持ちやすいという利点が大きいです。また、戸建ては間取りも広く確保できるため、好みに合わせて大きなシステムキッチンなどの設備を入れることも比較的簡単です。

一方、戸建てと比較したマンションのメリットは、安全性や利便性が挙げられます。ずっと住み続けることを考えると、手がかからず、なおかつ安心して住んでいられる家が良いのは当然でしょう。

では、次に戸建てとマンションのデメリットを比較してみましょう。

 

デメリットの比較

戸建て

  • 敷地内の掃除や、物件の定期的な修繕など、管理が面倒。
  • 駅から遠い場所にあることが多い。
  • 空き巣やいたずらなどの被害に合う可能性が比較的高い。
  • 宅配ロッカーなどの設備がないため、不便。
  • 2階建ての戸建ての場合、洗濯物を干したり物の収納のために2階に上がる必要があり、生活動線が悪い。
  • 固定資産税が比較的高い。

 

マンション

  • 自分の部屋の上階や、左右の部屋に住んでいる世帯の騒音が気になる。
  • 駐車場の利用料や、マンション全体の管理費がかかる。
  • マンションの修繕積立金がかかり、年数経過によって金額も上がっていく。
  • 自由に建て替えができない。
  • 定期的に組合の理事などになる必要がある(ただし、マンションによる)。
  • 年数が経つにつれて価値が落ちていくため、中古マンションとして売却が難しくなる。

 

戸建てもマンションも、デメリットについてはメリットの裏返しのような部分が多いです。

たとえば、戸建てを2階建てにした場合には、広々とした間取りで比較的ゆったりと暮らせる反面、洗濯物を干すために2階に上がらなければいけないなど、生活動線が悪くなってしまいます。老後まで戸建てに住む場合には、生活動線が悪いというのは暮らしにくさの原因になる可能性があります。

一方マンションのデメリットとして特徴的なのは、管理費・修繕費。入居者は管理や修繕の作業に手間をかけなくて良いかわりに、一定のお金を払わなければいけません。この点については、先ほどの居住費の比較の際に見たように、大きな金額差を生んでしまいます。

また、お金の面に注目すると、マンションは売価についてもデメリットが生じる可能性があります。

というのも、マンションは築年数が古くなるにつれ価値が下がっていくため、売却する際に売値が下がってしまうのです。

戸建てを売却する場合には、借地でない限り、建物と一緒に土地も売却することが可能です。土地は建物と比べると比較的価値が下がりにくいため、売却時に大きな不利益を被るケースは少ないです。

しかしマンションに住んでいる場合は、土地は所有していないため、部屋しか売ることができません。部屋は消耗するにつれて、価値が落ち続けます。

そのため、マンションを途中で売却することを考えるなら、タイミングをしっかり考えておく必要があります。

 

賃貸併用住宅という選択も

ここまで説明してきた通り、戸建てとマンションは、それぞれ異なるメリット・デメリットを持っています。

また、物件の購入価格はマンションが安い一方、後々の費用も含めた生涯居住費で比較すると戸建ての方がお得な場合もあります。

そのため、戸建てとマンションのどちらが絶対的に良いとは一概に言うことはできません。

ライフスタイルや将来のプランによって、戸建てとマンションのどちらを選ぶかを決めるのがベストでしょう。

 

また、最近では戸建てやマンションのほかに、「賃貸併用住宅」という新しい選択肢を選ぶ方も増えてきています。

賃貸併用住宅とは、1つの建物の中に自分の自宅スペースと賃貸物件をあわせ持っている特殊な物件です。賃貸物件のオーナーとなり家賃収入を得る一方、普通の戸建てと同じようなマイホームに住むことができます。

賃貸併用住宅の最大のメリットは、家賃収入によって家のローン返済の負担を軽減できる点。自宅に住みながらにして、賃貸物件が「働くマイホーム」としてお金を稼いでくれます。

そのため、本来なら東京都内に一軒家を建てたいけれど、購入費とローン負担に悩むという方でも、都内に夢のマイホームを建てることが可能なのです。また、賃貸併用住宅では土地も買う場合が多いため、マンションのような売却時のデメリットについても心配ありません。

このようなメリットがある一方で、賃貸物件のオーナーになることや、賃貸特有の騒音問題についての懸念など、デメリットもあります。

しかし、デメリットは対策さえすれば対処できますし、戸建てやマンションに住んだ場合でもある程度のデメリットは付きものだと思えば、そこまで大きな負担にはなりません。

今までの戸建てやマンションとはまた違った魅力を持つ賃貸併用住宅。あなたのマイホーム購入プランの選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

当サイトでは、賃貸併用住宅についての基本的な情報や、メリット・デメリットを紹介しています。戸建てやマンションと比較してどのような点が優れているのか知りたいという方は、ぜひご覧ください。
 

家賃収入でローン負担を抑えられる賃貸併用住宅について詳しく知りたい方はこちら!

 

  
賃貸併用住宅を建てるなら、"経験豊富な不動産会社"を見つけましょう!
賃貸併用住宅でローン負担を減らすには、
  • 徹底した土地選び
  • 住宅ローン返済プランの作成
  • オーナーも入居者も住みやすい住まい造り
などに精通した不動産会社を選ぶことが最重要。
不動産会社選びに悩んでいる方は、ぜひこちらをチェックしてみて下さい。

-住居を選ぶために必要な知識
-,

Copyright© 賃貸併用住宅.jp , 2019 All Rights Reserved.