自宅、建築

賃貸併用住宅の建て方

気になる賃貸併用住宅の間取りの作り方

更新日:

賃貸併用住宅を建てる際に、立地と並んで重要となるのが「間取り」です。

オーナー世帯の家族構成を踏まえ、どういった入居者を狙うかによって、賃貸併用住宅の間取りプランは非常に重要になります。

他にも、間取りはオーナーと入居者間のプライバシー問題・騒音問題にも深く関わる部分。賃貸併用住宅を購入する際にはそういった細かい注意も必要です。

そこで、実際に賃貸併用住宅を建てた私が、皆様に必要な賃貸併用住宅の間取りポイントについてお話をします。

賃貸部分の間取りに不安があるという方、また理想の間取りプランはあるものの土地選びでお困りという方はぜひこちらをご覧ください。
 

 

外観・内装を考えよう

賃貸併用住宅は、自宅でもあり、家族以外の人が住む賃貸住宅でもあります。

自宅部分はオーナーの好みで間取りを設計できても、他の入居者が住む賃貸部分はそうはいきません。

入居者にも気に入ってもらえる賃貸併用住宅を建てるには、家の間取りをどのように取るかが非常に重要です。

たとえば、賃貸併用住宅を建てる際には、キッチンやお風呂・トイレといった水回りの設備は互いの寝室などの生活スペースから離れて設置するように間取りの設計をしなくてはいけません。近くに配置してしまうと、水音が隣のスペースに聞こえることがあります。

他にも、賃貸部分と住宅部分の玄関やベランダを遠ざけた住宅構造にすることで、オーナーと入居者のプライバシーを守ることができます。

このように、騒音問題やプライバシーの問題を防ぐためにも、賃貸併用住宅の間取り設計は慎重に行いましょう。

賃貸併用住宅は間取りプランが大切
 
また、間取り以外にも、賃貸併用住宅を建てる際は外装・内装といったデザインにも工夫が必要です。

最近の事例としては、修繕費を抑えるため汚れが目立たない外壁用の素材を使用したり、賃貸物件にロフトを付けることで入居者に広い空間を提供したりしています。

予算の都合もあるとは思いますが、入居者募集の際に苦労しないためには、賃貸併用住宅のデザイン・間取りには費用をかけるようにして下さい。

入居者に人気の間取りを設計することで、長く安定した家賃収入を得ることができます。

間取りプランで重要なポイント

居心地のいい住まいを作るためには、外観・内装といったデザインに気を配るだけではいけません。

もちろん年代によってそれぞれ人気の建築デザインはあるものの、家を探す人に選ばれやすい賃貸物件の間取りには似たようなポイントがあります。

こちらでは、賃貸併用住宅の間取りを設計する上で気をつけるべき3つのポイントをご紹介します。

 

防音対策・プライバシーに注意する

賃貸併用住宅の間取りを考える上でも、玄関や水回りは、特に注意が必要な設備・造りです。

自宅の寝室のすぐ横が隣人宅の風呂場や玄関であると、就寝時に音が気になって眠れないといった実例もあります。

そのため、居心地のいい住まいを作るためには、住居部分や賃貸部分の各部屋で、それらの設備が離れたところに配置されるように間取りの設計をすることが望ましいです。

このように、入居者に配慮した間取りプランを考えるには、賃貸併用住宅を建てた実績のあるハウスメーカー、または経験のある工務店などに相談をしましょう。

聞きなれたハウスメーカーだからといって、安易に賃貸併用住宅の建築依頼をしてしまうと、戸建て住宅の要領で家を建ててしまい、防音対策などがうまくいかないケースがあります。

 

入居者に人気の設備をつける

賃貸部分に安い設備ばかりを揃えると、家を探す人の好みに合わず、なかなか部屋が埋まらないといったことがあります。

その上、安い設備を用意すると、すぐに故障したり買い替えが必要になるため修繕費がかかります。

このような費用発生のリスクから、格安だからと言って賃貸併用住宅の設備を安価なもので揃えることはおすすめできません。

賃貸併用住宅の設備選びでは、近くの賃貸物件を参考にすると、入居者のニーズに合ったものを選ぶことができます。

たとえば、近くの賃貸物件がどのような間取り・設備・家賃価格で貸し出されているかという情報は非常に重要です。

最近は、直接不動産会社の店舗に出向かなくても、スーモやホームズなどのポータルサイトを利用することで、簡単に全国の物件情報を手に入れることができます。

 

建物の外観に気を付ける

賃貸併用住宅は通常のアパート経営やマンション経営とは違い、オーナーが入居者と一緒に住む建物です。

そのため、入居者への配慮として、賃貸併用住宅の住宅部分を「いかにもオーナーの住まい」だとわかるような外観にすることはやめましょう。

家を探す人の中には、オーナーと入居者が一緒の建物に住んでいることを嫌がる場合があります。

一軒家のような見た目は避け、アパートやマンションといった建物の外観を意識することで賃貸物件が早く埋まる実例もあるので、賃貸併用住宅を建てる上では注意すべきポイントだと言えます。

 

以上の3点を押さえて、住宅部分と賃貸部分の間取りを設計すると、人気の賃貸併用住宅を作ることが可能です。

ポイントは、オーナーと入居者間の住まいをそれぞれ上手く分けること。お互いのプライバシーが守られた空間であれば、入居者も安心して長く住むことができます。

 

タイプ別の間取り紹介

一般的な賃貸併用住宅の住宅構造は、横割りのものが多いです。

横割りとは、2階建ての賃貸併用住宅の場合、2階部分をオーナーの住居部分にして、1階をすべて賃貸物件として貸し出す。といったような構造を指します。

こちらでは、これまでの賃貸併用住宅の実例を踏まえ、どのような間取りで家を建てることができるのか、横割りと縦割りの間取りプランをご紹介します。

賃貸併用住宅を建てた場合、自分の住まいはどうなるのか、どのように家を建てようか悩んでいる方はぜひ参考にご覧ください。

 

横割りの賃貸併用住宅

横割りの賃貸併用住宅

図の通り、横割りは階数ごとに住居と賃貸物件を建てた家の造りとなっています。

家の構造は平坦であるため、オーナーが高齢者となっても住みやすい間取りを設計できるのがメリットです。

また、自宅部分を最上階にする際、エリアによっては屋上も設けることができるので、広いスペースを取ることができます。

しかし、賃貸併用住宅は、建物の50%以上をオーナーの住居部分にしなければいけないため、3階建てで家を建てた場合には、1階~2階すべてをを賃貸部分にするといったことはできません。

他にも、下の階か上の階に入居者が入るため、ある程度大きな音をたてないようにする配慮が必要になります。

 

縦割りの賃貸併用住宅

縦割りの賃貸併用住宅

縦割りは、図のように住居部分と賃貸部分を左右に分けた家の造りになっています。

家の構造から、上下階の騒音対策に適している賃貸併用住宅です。小さなお子さんがいるオーナーの場合は、横割り住宅を建てることで入居者に配慮することができます。

デメリットとして、屋内に階段を設けるため、多少のスペースを階段用として使用しなくてはいけません。

 

特定の層を狙った賃貸併用住宅の例

一般的に、賃貸併用住宅は、単身者を狙った間取りで賃貸部分の設計をします。

なぜなら、賃貸併用住宅でどうやって多くの家賃収入を稼ぐか考えた場合に、賃貸部分の戸数が重要となるからです。

当然、賃貸物件の戸数が多いほど、多くの人から家賃を支払ってもらえます。

そのため、賃貸併用住宅を建てる方の大半は、賃貸部分にワンルームもしくは1Kの間取りを設計します。

このような理由から、基本は単身者に合わせた賃貸併用住宅を建てる方が多いですが、もちろん特定の層を狙った間取りを設計することで、人気の賃貸物件造りに成功した賃貸併用住宅の実例もあります。

たとえば、1LDKや2LDKの賃貸物件は同棲しているカップルや新婚夫婦などに需要があります。

特に、周辺地域にワンルーム賃貸が多い場合には、このような間取りの賃貸物件を用意すると入居希望者が集まりやすくなるのです。

また、1LDKや2LDKはワンルームよりも間取りを広くとるため、その分家賃の値段も高く設定できます。

賃貸部分の部屋数が少ないとしても、家賃価格を調整した上でしっかりと収支シミュレーションを行えば、ローン返済と家賃収入のバランスに無理が出ることはありません。

また、女性に好まれやすい間取りを設計すると、女性だけでなく男性の入居希望者も増えるといった実例があります。

実際に部屋を借りる男性に理由を聞くと、「ステキな部屋だったから」という回答が多く、女性向けの部屋は男性にも好まれるということが分かりました。

女性向けの間取りを設計するポイントとしては、キッチンにこだわった設備をつけたり、部屋の内装を明るい色にすることなどが挙げられます。

近年は、関東や関西でのワンルーム賃貸の供給が多すぎる傾向にあるため、これから賃貸経営を行う場合には、特に以上のような工夫が必要になります。

賃貸部分の満室状態を維持しながら、入居者に長く住んでもらう物件を作るためにも、居心地のいい住まいを入居者に提供することが大切です。

 

賃貸併用住宅で失敗しないために

賃貸併用住宅は、自宅だけでなく賃貸物件としての役割も持っているため、戸建てと同じように家を建ててしまうのは危険です。

賃貸併用住宅のオーナーになるにあたって、各入居者に配慮した間取りがどのようなものか、しっかりと認識しておきましょう。もし間取りプランで失敗してしまうと、騒音問題が発生したり、入居者間のトラブルに巻き込まれやすくなってしまいます。

最悪の場合、入居者募集に失敗して賃貸部分が埋まらず、家賃収入でローン返済ができなくなってしまうことも十分に考えられるのです。

このような空室リスクを抑えるためにも、賃貸併用住宅の間取りには家を探している人のニーズを取り入れて設計をしなければいけません。

その際には、自分ひとりで設計プランを立てるのではなく、必ず賃貸併用住宅の知識を持った専門家の意見を取り入れましょう。

専門家に相談をすることで、「この地域なら家探しをしている人はこのような人が多い」といった情報や、これまでの賃貸併用住宅の実例を元にしたアドバイスを受けることができます。

また、賃貸併用住宅の専門家は、人気物件を作るための情報だけでなく、住宅ローン融資を受けやすい銀行や賃貸併用住宅に向いた土地選びまで、幅広い範囲でサポートしてくれます。

今回は、賃貸併用住宅で気を付けるべき間取りの設計ポイントについてお話しましたが、こちらのページでは実際に収益を上げている賃貸併用住宅についてご紹介しています。

人気の高い東京都内にある賃貸併用住宅も実例として取り上げているので、「都心にマイホームを建てたい!」とお考えの方は、ぜひご覧ください。

 

 

  
賃貸併用住宅を建てるなら、"経験豊富な不動産会社"を見つけましょう!
賃貸併用住宅でローン負担を減らすには、
  • 徹底した土地選び
  • 住宅ローン返済プランの作成
  • オーナーも入居者も住みやすい住まい造り
などに精通した不動産会社を選ぶことが最重要。
不動産会社選びに悩んでいる方は、ぜひこちらをチェックしてみて下さい。

-賃貸併用住宅の建て方
-, ,

Copyright© 賃貸併用住宅.jp , 2019 All Rights Reserved.